公務員試験に合格するには?

公務員試験(合格するための予備校や講座なども開設されています)に合格するためには、まず勉強方法の選択をしなければなりません。

勉強方法は、予備校(入学試験や資格取得試験などを受験する人に、その試験に合格するための知識や情報を教えるための商業的な民間の教育施設のことをいいます)に通って勉強するか、通信教育を利用して勉強するか、参考書を購入して独学で勉強するかの三通りです。

予備校に通ったからといって、必ずしも公務員試験に合格出来るとは限りません。

しかし、疑問に思うことはすぐに聞くことができますし、他の人の意見も聞いたりできるため、効率よく勉強を進めていくことができるでしょう。通信教育も親切な添削で、疑問に答えてくれたりします。

独学(最も費用の掛からない方法ですが、強い意思が必要とされます)の場合には、判り易い使える参考書選びをすることが重要です。いずれにせよ、自分に合った勉強(強制されるとますますやりたくなくなるものです)の仕方を選ぶことが大切ですね。また、面接時には、否定的な言い方をするのは避けてください。

面接官への印象が悪くなってしまいます。できるだけ肯定的な言い方をするように心掛けるようにします。

衣服もきちんとしたスーツを着こなし、髪の色や髪型、アクセサリー(デザインなどに流行り廃りがありますから、できるだけ定番のものを買うと長く使えるでしょう)などにも気をつけてください。

仕草や話す時の態度なども、面接官は厳しくチェックしているようです。誰かに面接官役をしていただいて、気になるところは指摘してもらい、直すようにしておきましょう。
行政書士は独学でも大丈夫

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ