J-REITO(ジェイリート)

J-REITOという言葉を聞いたことはありますか?米国では1960年に誕生したもので、国内では「J-REITO(ジェイリート)」や、「REITO(リート)」という言い方をします。ますますと拡大しているものなので、これから耳にする機会も増えてくるかもしれません。

J-REITOをわかりやすく説明しますと、投資信託や公社債投信の運用対象が、不動産になったものの事をいうのです。不動産投資信託は、投資家から資金を集めて、オフィスビルなどの不動産で運用するものです。不動産などの売却で得た利益や、マンションやビルなどと言った賃貸の収益などが、配当金(株式会社が利益の還元のために株主に支払うお金のことですね)という形で投資家に分配されるというものです。

J-REITOは、大きく分けると契約型と会社型の二種類に分かれます。会社型というのは、投資法人を使って行う場合のことをいいます。投資法人は投資口を発行して、投資家から資金を集めます。

契約型は信託銀行の信託勘定をつかってたものです。株式投信と同じく、投資信託委託業者が運用指図する委託者指図型と、信託銀行が独自の判断で運用する委託者非指図型があるはずです。現在のJ-REITOでは契約型よりも会社型のほうが多く上場されているでしょうね。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ