深夜まで営業している店舗

アルバイト(パートとの法的な区別はないらしく、あくまでも便宜上の呼び分けとなっています)が多いといわれる職種には飲食関連の仕事が挙げられます。家族連れレストランや居酒屋などは時間に制限はありますが、高校生もアルバイト可能な店が多数あります。店によって畭なるのですが、週に三日位の出勤で、一日4時間からオーケーというところもあります。深夜まで営業している店舗(商店街などが廃れていく一方で、巨大な総合商業施設などが建設されることも多いですね)も多いので掛け持ちでアルバイトをする人も多いものです。

飲食店でのアルバイト(最近では、ネットを使って雇用先を探す人も増えてきましたね)は、主にホールと厨房に分ける事が出来ますが、ホールスタッフは接客全般で、厨房は調理補助と洗い場に分けられています。洗い場は手が凄く荒れてしまうので、まめに手入れした方がいいでしょう。許可を得る事が出来るならばゴム手袋を着用すると手荒れを気にしないで働くことができるかだとされているのです。

店によって料理の仕込み方や作り方が違うので、調理補助の仕事はたいへん勉強になります。調理が好きな人にとっては、自分の好きな飲食店でアルバイトができれば、お金を貰えて勉強(強制されるとますますやりたくなくなるものです)にもなり一石二鳥ですね。

飲食店でアルバイト(ドイツ語の労働が元になった言葉で、バイトともいわれます)する特典として、ほとんどの場合食事が付いている事が挙げられます。まかない食は店にないメニューを頂くことが出来るので、楽しみってありますよね。飲食店でアルバイトをするなら、笑顔と元気な挨拶、機敏に動く姿勢が大切になります。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ