フリーラインスケート

フリーラインスケートでは足を閉じたり開いたりするのが基本です。最初のうちは何回やっても左右非対称になり難しいかもしれませんが、前にも後ろにも自由(自分ですることの責任をとれることをいうのかもしれませんね)に真っ直ぐに進むことができるようにするのが大事となります。

紐などはありませんので乗ってすぐに進んでいくことになりますが、きちんと両方の足がそれぞれのフリーラインスケートの真中になるようにトレーニングをしてください。しっかりトレーニングしましょう。

何回もトレーニング(正しい方法で行わないと望むような成果が得られないことも少なくありません)していくうちに正しいポジションになります。最初の基礎ができないと次のステップに進むのは難しくなりますので、フリーラインスケートを見なくても自然と足が正しい位置になるようにトレーニングします。
フリーラインスケートを履いたまま前進してください。

進む距離をちょっとづつ増やしながらトレーニングしていきます。正しいポジションが身に付いたら、外側に開く・内側に閉じるという動作を繰り返し行ないましょう。真っ直ぐに進めるように繰り返しトレーニングし、後退のトレーニングも繰り返し行ないます。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ