アウトレイジのカンヌでの評価

アウトレイジが日本で騒がれているようです。ご存知の方も多いと思いますが、アウトレイジが数年ぶりにカンヌ国際シネマ祭に選ばれていたようです。アウトレイジは邦画ですから、海外に日本の映像作品をアピールする機会でもある事だと思います。公開時期の関連などから、アウトレイジより前の作品では、ベネチア国際シネマ祭にはいくつか部門分けがしてあり、アウトレイジはコンペティション部門だそうです。

カンヌ国際シネマ祭にはいくつか部門分けがしてあり、アウトレイジはコンペティション部門なんだそうです。このなかで最高の名誉を与えられるのはパルムドール、次がグランプリだそうですので、アウトレイジにはぜひともパルムドールを狙って欲しいところ。アウトレイジにより、北野監督がカンヌ国際シネマ祭に選ばれたそうです。

アウトレイジによって、北野監督がカンヌ国際シネマ祭にはいくつか部門分けがしてあり、アウトレイジはコンペティション部門なんだそうです。カンヌ国際シネマ祭に選ばれましたが、近頃は北野監督と言うとベネチア国際シネマ祭と結びつける方も多いでしょう。十数作品の上に立ち、アウトレイジで見事、北野監督にはパルミドールを獲得してもらいたいところです。

アウトレイジはカンヌ国際シネマ祭に選ばれましたが、近年は北野監督というとベネチア国際シネマ祭と結びつける人も多いはず。邦画を無条件にけなしてしまう方や、先入観から邦画を敬遠する方の意識を変えるためにも、アウトレイジは日本シネマ界の予期を背負っているのかもしれません。

アウトレイジで再び注目を集めている北野監督ですが、彼にとってなんらかの賞を獲得するのは、彼の才気を周囲が認知したと言うことですね。監督として手がけたアウトレイジにも北野監督は役者として活躍しますし、日本では言わずと知れたコメディアンです。

アウトレイジ以外にも海外のシネマ賞をいくつも獲得しているのは、北野武の才気に感嘆するばかりです。アウトレイジのようなシネマだけでなく、北野監督には芸術に関して多彩な能力があったことをご存知でしょうか。フランスの芸術文化勲章の最高章、コマンドゥール章までをも、アウトレイジで賞を狙うより先に獲得していただといえるでしょう。

まさに世界の北野と呼ばれるに足る力量を保有している彼ですから、アウトレイジがカンヌに選ばれたのも当然なのかもしれません。世界でも注目のアウトレイジの情報を得るなら、サイトやブログをまわっていくことをおススメします。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ