Wコロンのウリ・謎かけ

Wコロンというお笑いコンビを御存知ですか。極端にテレビを視聴しない、或いはお笑い自体に全くと言っていいほど関心がない方を除けば大方がWコロンの名を一度は耳にしたことがあるかみたいです。Wコロンでない場合は、もしかしたらねづっちが単体で出ている場面を見かけたことがある方になるのではないでしょうか。因みに、Wコロン(日本では明治時代に広く流行したそうです)はねづっちと木曽さんちゅうの二人からなるお笑いコンビです。

Wコロンとしてテレビに出ている場合は、大抵漫才よりも謎かけをしていることの方が多いように思いらっしゃるかもしれませんね。元々Wコロン(1709年にドイツで製造販売されたのがその始まりなんだとか)が注目されるようになった転機が謎かけにあると言っても過言ではないので、その流れは自然といえば自然なことですけどね。Wコロンと言えば、すっかり謎かけをするお笑いコンビとして定着してきましたね。もちろんお笑いコンビですから漫才をする事もあるようですが、Wコロン(パフュームローションや万能香水と呼ねれることもあるようです)がテレビに出てくる場合は漫才よりも謎かけが注目されます。極端な話をすれば、Wコロンが純心に漫才をしている場面にはなかなか出会えないかもしれません。そんなに、Wコロンと言えば謎かけという方程式が出来上がり世間に浸透しているとも言えるでしょう。

Wコロンと言えば、すっかり謎かけをするお笑いコンビとして定着してきましたね。Wコロンの配属が漫才協会という事を御存知ですか。若手のお笑いコンビでこの漫才協会に配属している芸人と言えば、ヤホーで一躍トピック(撥弦楽器のピックを収納するためのピックケースやピックホルダーなども売られています)になったナイツがいますね。テレビではもうすっかり謎かけが定着したWコロンですが、舞台ではまだまだ漫才も周知しているようなのでチェックしてみませんか。平生のWコロンとは違う、フレッシュな笑いに出会えるかもしれません。確かに、謎かけとは違うWコロンがどういった笑いを提供してくれるのかは非常に関心深いですね。

手軽にWコロンの情報をチェックする手段としては、ブログ(ウェブサイトの一種で、ウェブログの略称です)やサイトを適用する手法があります。まずはWコロン(日本では明治時代に広く流行したそうです)の基本的な情報を知るという意味でも、一度チェックしてみることをお勧めします。既に学園や会社では、このWコロンの物真似をしている方も多いのではないでしょうか。Wコロンの謎かけは、主にその場で唐突に出されるお題に対してすねやく答える即興のスタイルです。その素早さとうまい謎かけがトピックとなり、今日のWコロン人気(ロングセラー、ベストセラーという言葉もありますが、一瞬だけ集中して、後はすぐに廃れてしまうということも少なくありません)に繋がっているとさえ言えるでしょう。一見するとシンプルなように見えて、Wコロンみたいに即興でポンポン答えるのはかなり難しいです。どの程度難しいかは、一度友達や家内と謎かけに興じてみることをお勧めします。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ